株式会社ティーディーエス様 デザインを即時に取引先にデータ送信

東京田町に本社を置く、株式会社ティーディーエス(以下TDS)は、カタログ制作・DM広告・チラシ・パッケージデザインなどを手がけるデザインのプロが集まる企業だ。今回、@Tovasをデザインの現場でどのように活用しているのかをTDSの床本取締役、同制作クリエイター田中氏に伺うことが出来たのでレポートしたい。

送付するドキュメントは多種多様

相手先企業は、メーカーのデザイン部門であったり、印刷工場であったりと他業種にわたり1回の送信で10社から~15社程度までにも及んでいるという。ファイルフォーマットも広告用の画像データ、イラストレータなどのデザインデータなど平均して40MBほどのデータを送付しているそうだ。

tds2

無料の配信サイトはビジネスには不向き?

@Tovasを利用する前は、無料の配信サイトを利用して送付をしていた。しかし外部の取引先に対して無料の配信サイトを利用することは、盗聴や改ざんなども懸念され、BtoBで仕事をしている関係上、モラル的にも好ましくないと床本氏はいう。更にそのようなサイトを利用して送付をしていた場合に送信に著しくかかる時間帯などがあり(朝・夕方)、相手先にも迷惑をかけるなどこちら側でもストレスがあった。と田中氏はシステム上の課題点を指摘する。

tds3

コストカット1/80になりました! 4,000円が50円!? それ以上の効果が…。

デザインの現場ならずとも、あらゆるビジネスシーンではスピード・競争力・コストが求められるのは既知の事実だ。メールで送れないファイルサイズや無料サイトが利用できない場合は、これまで宅配便などを利用して、CD-Rなどに焼いて送付をしていたという。CD-Rに焼く時間とコスト、宅配便(一回800円/都内)やバイク便(一回4,000円/都内)などを利用して送る。 床本氏は仕事の重要度と緊急度とをベースに語った。

tds4

デザイン業務に朗報。マック(OS X)でも使えるサービス

デザイン現場のインフラにはMacが多い。@Tovasは、FireFoxで動作確認が取れているのでMacOS(OS X)上での運用が可能だ。

tds5

機能は使いこなしてこそ効果が出るもの。

@Tovasを利用して早数ヶ月、床本氏は取引先に応じて機能を使い分けているそうだ。例えば、土曜日に制作をして月曜日の朝一番にデータを確認してもらいたいような取引先の場合は、「時刻指定送信」機能を使う。@Tovas上の画面から相手に見てもらいたい日付を指定すれば、期日が来ると自動的に配信してくれる便利な機能だ。
また、社内システムを担当する田中氏は、@Tovasが強みとする「トレーサビリティ」はかなり使えるという。 こちらから送信したのがいつで、相手先がイラストレータなどのファイルを受信したのがいつなのかを一元的に管理が出来るからだ。 前述の通り10社~15社程度に送信をしていると書いたがそれらの送付先に毎回電話で確認をするのでは非効率極まりない。@Tovasでは画面で管理が出来るほか、管理運用を一元管理できるマネージャ機能を用いればCSVにも落とすことができ、自社の証跡記録として保管が出来るので、デザイン現場でしばし起こりうる、「送った、送られていない・・・」などのトラブルなども無くなったという。

「@Tovasを利用して業務に新しい風が吹いた。日々の改善と効率化に力を入れつつ本来の業務に集中できる。」と床本氏は笑顔で語った。

株式会社様ティーディーエス様 会社概要

名称:株式会社ティーディーエス
本社:所在地 〒108-0014 東京都港区芝5丁目31番7号 三田ステーションビル アミタ702
TEL:03-3769-8848(代)
FAX:03-3769-9168

導入事例 index

@Tovasに関するお問い合わせ

受付時間:平日10:00~17:00

ページトップへ戻る