株式会社大田花き様 帳票郵送コスト削減

ファイル送信とFAXを連携したトータルソリューションで取引先への伝票郵送にかかるコストを大幅に削減。業界スタンダードシステムへとの期待も高まる@Tovas。

全国に約142の卸売市場が存在し、活気に満ちた取引が、毎日展開されている花きマーケット。その中で、市場規模、取扱高ともに国内第1位の座を堅持しているのが、株式会社大田花きだ。年間取り扱いアイテム数は、切り花12,000種、鉢物8,000種にもおよび、規模・システム・機能のあらゆる面で世界屈指の存在だ。

同社ではこれまで、仕切り書や納品書などの膨大な伝票の配信業務に、郵送とFAX、メールを併用していた。しかし、経費削減の観点からコストのかかる郵送分を別の方法に置き換えることを検討。データを簡単にPDF帳票化でき、従来から利用していた株式会社ネクスウェイのFAXサービスと連携可能なコクヨS&T株式会社の@Tovasの導入に踏み切った。2010年3月本稼働を目標に、現在、テスト運用が進められている。本稼働後には、年間経費が半減できる見とおし。また取引先にとっても、データ再利用の可能性が高まるなど、大きなメリットが生まれている。

概要

  • 導入の背景 経費削減の観点から見直しをかけた伝票郵送業務
  • 導入の経緯 帳票を簡単にPDF化し送信できる点を評価 既存のFAXサービスとの連携力も導入を後押し
  • 導入の効果 伝票郵送費は半減の見込み データ再利用の可能性も高まる
  • 成功要因  両社によるトータルソリューションにより 理想的なレベルでサービスを実現

otakaki

お客様プロフィール

株式会社大田花き

設 立:1989年1月
資本金:5億5,150万円
社員数:175人(嘱託1名含む)

それまでの常識を覆した、コンピュータ制御による「自動セリ・システム」の実現を皮切りに、伸長が続く期待のマーケット、花き市場の公正な価格形成や流通改善にもたらした影響力は計り知れない。取扱高(売上高)は、年間267億円を超え、国内第1位。全国で8万を超える生産者と、24,000店にのぼる花専門店を結ぶ架け橋となっている。

[URL] http://www.otakaki.co.jp

関連ページ

導入事例 index

@Tovasに関するお問い合わせ

受付時間:平日10:00~17:00

ページトップへ戻る