無償トライアル申込み

お客様情報

下記フォームにお客さま情報を入力し、「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
印は必須項目です。

会社名
※全角
会社名 ふりがな
※全角
部署名
※全角
役職
※全角
郵便番号
※半角数字
-
都道府県 ※クリックして選択してください。
住所
※全角
市区郡:
町名・番地:
申し込み者名
※全角
申し込み者ふりがな
※全角
メールアドレス
※半角数字
メールアドレス(確認用)
※半角数字
TEL
※半角数字
- -
FAX
※半角数字
- -
利用規約の確認
【@Tovas試用利用規約】

コクヨ株式会社(以下「弊社」といいます)は、この@Tovas試用利用規約を以下の通り定めます。

第1節 総則
第1条 試用利用規約の適用
弊社は、@Tovas試用利用規約(以下「本規約」といいます)を定め、これにより、弊社が運用管理するウェブサイト上で、専用サーバを経由しデータファイルの仲介およびFAXの出力仲介を行うASPサービスである@Tovas(以下「本サービス」といいます)を本サービスの契約者(以下「契約者」といいます)に対し提供し、本サービスの利用申込者は、本規約を承認したうえで、第6条に基づき弊社に申し込みをおこなうものとします。また、試用版においてはFAXの出力仲介は提供していませんが、弊社との別途契約により提供がなされる場合、本契約に従うものとします。


第2条 定義
本規約における用語を以下の通り定義します。

1.「専用サーバ」とは、本サービスによりデータファイルの仲介およびFAXへの出力仲介を行うサーバを指します。
2.「データファイル」とは、本サービスを利用して送信するファイルを指します。
3.「契約者」とは、弊社が定める手続きに従って本サービスの全部または一部を利用する資格を持つ法人または団体を指します。
4.「管理者」とは、契約者に属する個人であって、サービス利用管理を行うと共に、利用申し込みあるいは利用条件の変更において、弊社との手続き上の窓口となる者を指します。
5.「企業ライセンスコード」とは、弊社が管理者に配布するIDです。
6.「アカウントID」とは、弊社が契約者に属する個人に配布するIDです。
7.「パスワード」とは、アカウントIDに対して弊社から発行するものとします。契約者で自由に変更することは出来ません。
8.「専用ソフトウェア」とはファイル送信サービス、FAX送信サービスに接続する為の専用クライアントソフトウェアです。
9.「ファイル送信サービス」とは、本サービスのうち専用ソフトウェアを利用してデータファイルを仲介するサービスです。
10.「FAX送信サービス」とは、本サービスのうち専用ソフトウェアを利用してデータファイルをFAXに変換して仲介するサービスです。
11.ログデータとはデータファイルを除く送受信記録を指します。
12.「製品版」とは、新たに製品版利用規約に同意頂いた上で、別途弊社と契約した制限値で配布される企業ライセンスコードを登録したクライアントソフトウェアを指します。

第3条 本規約の変更等
1.弊社は、契約者の承諾なく次の各号に定める事項をおこなうことができるものとし、契約者は当該変更後の条件に従うものとします。この場合、弊社は当該事項の内容を契約者向けホームページ等に事前に記載する方法により契約者に対し告知します。
(1)本規約の変更
(2)新たなサービス及び機能の追加
(3)本サービスの利用停止
(4)その他の本サービスの提供条件の変更
2.契約者が、前項に基づく告知にかかる契約者向けホームページ等の画面を確認しなかったこと により不利益を被ったとしても、弊社は契約者に対し一切責任を負わないものとします。

第4条 本サービスの提供区域
1.本サービスに契約者として登録できるのは日本在住の方に限りますが、契約者がファイル送信サービスを利用して送信できる範囲は国内、国外を問いません。但し、利用環境は日本語に限ります。 国境を越えて利用することは可能ですが、他国との間で本サービスを利用する場合、契約者は他の国、地域における規則や技術輸出に関する諸法令を遵守することに同意するものとします。また、FAX送信サービスを利用して送信できる範囲は国内のみとなります。

第5条 本サービスの利用
1.契約者は、弊社の専用サーバを経由してデータファイルを送信することができます。
2.本サービスは、契約者及びデータファイル送信先がインターネットに接続できることを前提にしています。従って、本サービスをご利用頂くには、インターネットに接続するまでの機器を契約者でご用意頂き、プロバイダとの間で別途契約が必要となります。
3.企業ライセンスコード、アカウントID及び、パスワードの管理、使用は契約者の責任とし、使用上の過誤または、第三者による不正使用等、それに起因する不利益について弊社では一切責任を負わないものとします。

第2節 申込・承諾
第6条 利用申込
1.本サービスの利用希望者(以下、「利用希望者」といいます)は、本規約を承認した上で管理者を定め、 弊社が別途案内する手続きに従い利用申込を弊社に対して行うものとします。弊社がこれを審査・承諾し、当該手続きが完了後、利用希望者に弊社が定める企業ライセンスコード、アカウントIDに関する情報を送付し、利用希望者が当該情報を受領した時点で該当する本サービスの無償版利用契約(以下、「利用契約」といいます)が成立するものとします。
2.弊社は、本サービスの利用申し込みを行った利用希望者が以下の各号のいずれかに該当している場合は、当該申し込みを承諾しない場合があります。
(1)申込内容に虚偽、記入漏れ、誤記があった場合
(2)過去に不適切な行為等により、弊社が提供するサービスの停止、契約解除を受けた事がある場合
(3)その他、利用契約の申込を承諾する事が、技術上または弊社の業務遂行上著しく支障があると弊社が判断した場合

第7条 変更の通知
1.契約者は、その氏名、住所、商号等の申込時の記載内容に変更が生じた場合は、すみやかに弊社所定の方法により弊社に通知するものとします。

第8条 企業ライセンスコード、アカウントIDおよびパスワード管理
1.契約者は、企業ライセンスコード、アカウントID及び、パスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとします。
2.契約者は、企業ライセンスコード、アカウントID及び、パスワードを第三者に譲渡、名義変更、売買、質入等はしてはならないものとします。
3.企業ライセンスキー、アカウントID及び、パスワードの管理不十分、使用上の過誤、盗用による第三者の使用等(家族、従業員等による使用を含む)による損害の責任は、契約者が負うものとし、弊社は一切責任を負いません。
4.契約者は、企業ライセンスコード、アカウントID及び、パスワードが盗まれたり、第三者に契約者の許可なく使用されていることを知った場合は、直ちに弊社にその旨直接的、即時的な手段により連絡するとともに、弊社からの指示がある場合には、これに従うものとします。
5.契約者は、企業ライセンスコード、アカウントID及び、パスワードを失念した場合は弊社に申し出るものとし、弊社の指示に従うものとします。また、企業ライセンスコード、アカウントID及びこれに対応した、パスワードによりなされた利用は契約者本人によりなされた利用とみなします。

第9条 「ファイル送信サービス」及び「FAX送信サービス」の制限
1.本サービスで送信可能なデータファイルは次の各号に定めるとおりとします。
(1)「ファイル送信サービス」についての1通あたりの容量、サイズは別紙規定するものとします。データファイルと拡張子が異なる場合や、拡張子、容量またはサイズが規定外である場合において、受信者がデータファイルを受信することができない場合においても、弊社は何らの責任を負わないものとします。
(2)「FAX送信サービス」についての一回の送信枚数は別紙規定するものとします。
(3)専用サーバが受け付けたデータファイルの保存期間は別紙規定するものとします。

第10条 受信確認メール
1.本サービスによる受信先がデータファイルを受信した際、契約者の希望により、弊社は受信確認通知をおこなうものとします。
2.前項の受信確認通知は1回のみとし、当該受信確認通知が電波状況や契約者の環境または弊社のシステム、設備等の故障等により正常に通知されなかった場合でも、弊社は一切の責任を負いません。

第11条 試用版の利用制限
別紙規定する試用回数制限を超えた場合直ちに本契約を終了するものとします。なお、利用契約が終了した場合、弊社は、契約者の申し出に応じて、本サービスの専用サーバに登録した一切の情報等を消去・削除します。また当該消去・削除に起因して契約者が被った損害については、弊社は一切の賠償責任を負わないものとします。
1.試用版から有償版への移行時に企業ライセンスコード、アカウントID、送信履歴情報等の移行が出来ません。
2.規定回数を超えてさらに継続して使用する場合には、契約者は新たに有償版の利用規約に同意して頂く必要がございます。それ以外のいかなる場合においても規定回数以上継続して試用することはできません。


第12条 権利の譲渡
1.契約者は、本サービスの提供を受ける権利を譲渡する事が出来ません。

第13条 弊社による契約の変更、解除
1.弊社は、理由の如何を問わず、契約者の承諾なく、本サービスの全部もしくは一部の変更・追加・廃止(以下「本サービスの変更」といいます)又は利用契約の全部もしくは一部を解除することができます。その場合は、事前に契約者向けホームページ等に記載する方法により告知することとします。
2.前項の場合において、契約者は弊社に対し一切の異議を申し立てないものとし、弊社は契約者に対し一切の責任を負わないものとします。

第14条 禁止項目
1.契約者は、本サービスの利用にあたって、以下の行為(作為、不作為を問いません)を行ってはならないものとします。弊社は、契約者が以下の行為のいずれかに該当する行為を行った場合には、第16条の規定に基づき直ちに本サービスの提供を停止し、且つ、第17条の規定に基づき利用契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
(1)他の契約者、第三者もしくは弊社の著作権もしくはその他の権利を侵害する行為、又はこれらを侵害するおそれのある行為。
(2)他の契約者、第三者もしくは弊社の財産もしくはプライバシーを侵害する行為、又はこれらを侵害するおそれのある行為。
(3)前2号の他、他の契約者、第三者もしくは弊社に不利益又は損害を与える行為、又は与えるおそれのある行為。
(4)他の契約者、第三者又は弊社を誹謗中傷する行為。
(5)公序良俗に反する行為、もしくはそのおそれのある行為、又は公序良俗に反する情報を他の契約者もしくは第三者に提供する行為。
(6)企業ライセンスコード、アカウントID及び、パスワードを不正に使用したり、転売したりする行為。
(7)本サービスの提供を受ける権利を転売する行為。
(8)コンピュータウィルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為。
(9)本サービスを直接または間接に利用する者の本サービス利用に対し、重大な支障を与  える方法にて本サービスを利用する行為。広告を無差別に大量送信するいわゆるスパム行為。
(10)法令に違反する、又は違反するおそれのある行為。
(11)利用契約の申込書に虚偽の事項を記載する等の本規約の規定に違反する行為
(12)その他、弊社が不適切と判断する行為。
2.契約者が第1項の禁止事項に該当する場合、又は禁止事項に該当するおそれがあると弊社が判断した場合、弊社は、当該契約者又は当該契約者と関係があると思われる契約者が専用サーバに登録したデータファイル、データ、情報等を契約者の承諾なく閲覧する場合があります。
3.契約者が専用サーバに登録したデータファイル、データ、情報等が第1項の禁止事項に該当する場合又は該当する恐れがあると弊社が判断する場合は、弊社は、契約者に対して当該データファイル、データ、情報等の削除を要求し、契約者が削除に応じない場合は、弊社は契約者の承諾を得ることなくこれらを削除するものとします。なお、削除することによって契約者又は第三者に損害等が発生した場合でも、弊社は何ら責任を負わないものとします。
4.前項に拘わらず、弊社は前項に定める削除を行う義務を負うものではなく、また、前項の削除を弊社が行わないことにより契約者又は第三者に損害等が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。

第15条 本サービス提供の中止、中断
1.弊社は、前条に定めるものの他、次の各号に該当する場合には、本サービスの提供を中止、中断することがあります。
(1)本サービスにかかるシステム、設備等の保守上または工事上やむを得ないとき
(2)本サービスにかかるシステム、設備等にやむを得ない障害が発生したとき
(3)戦争、暴動、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供ができなくなったとき
(4)政府機関の規制、命令その他、法令に基づく請求・命令・規制等がなされたとき
(5)その他、弊社が本サービスの運営上、一時的な中断が必要と判断したとき
(6)第一種電気通信事業者その他日本国内外の電気通信事業者の都合により本サービスに使用される通信回線が利用できない状態になったとき
(7)本利用契約第23条の規定により、本サービスの提供が困難なとき
2.弊社が、前項の規定により利用契約に基づくサービスの提供を中止、中断するときは、あらかじめ、その理由、実施期日及び実施期間を契約者に、弊社の定める方法で通知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。
3.本条第1項の規定に基づき、弊社が本サービスの提供を中止、中断したことによって契約者または第三者に損害が発生した場合においても、弊社は何らの責任を負わないものとします。

第16条 本サービス提供の停止
1.弊社は、契約者が次に該当するときは、弊社が別途定める期間において、本サービスの提供を停止することがあります。
(1)第14条1項に定める禁止事項に該当する行為、その他本規約の規定に反する行為があり、本サービスに関する弊社の業務遂行に著しい支障を及ぼし、又は及ぼすおそれのある行為をしたとき。
2.弊社は、前項の規定により本サービスの提供を停止する時は、あらかじめその理由、提供停止をする日及び期間を契約者に通知します。但し、緊急やむを得ない場合又は第14条1項に規定する禁止事項に該当する場合はこの限りでなく、弊社は契約者に通知することなく直ちに本サービス提供を停止できるものとします。
3.本条第1項の規定に基づき、弊社が本サービスの提供を停止したしたことによって契約者または第三者に損害が発生した場合においても、弊社は何らの責任を負わないものとします。

第17条 弊社が行う契約の解除
1.弊社は、第16条第1項号により利用契約に基づく本サービスの提供を停止された契約者が、弊社が相当の期間(以下「催告期間」といいます)を定めて催告を行ったにかかわらず、当該停止の日から催告期間内に当該停止の原因となった事由を解消しない場合には、利用契約を解除します。
2.弊社は、契約者が第14条第1項各号に該当する場合で、その事由が弊社の業務の遂行上支障を及ぼすと認められるときは、前項の規定にかかわらず、同条に定める本サービスの提供の停止をすることなく、何等の催促を要せず、利用契約を解除することができるものとします。
3.契約者が次の各号に定める事項のいずれかに該当する場合、弊社は何等の催告を要せず、利用契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
第14条1項に定める禁止事項に該当する行為を2回以上行ったとき

第18条 契約者が行う利用契約の解約
1.契約者は、弊社が別に定める手続に従い、利用契約の解約を申し入れることができます。

第19条 損害賠償
1.契約者は、本規約及びその他弊社が随時通知する内容に従い、本サービスを利用するものとします。
2.本サービスの利用において契約者が弊社に損害を与えた場合、契約者はその損害の一切について賠償するものとします。
3.本サービスの利用において、契約者の行為が第14条1項に規定する禁止事項に該当するなどして、第三者から異議、請求、損害賠償請求されるなど紛争が生じた場合は、契約者は自己の責任と費用負担により当該紛争を解決するものとし、弊社を免責せしめるものとします。

第20条 秘密保持
1.弊社は、本サービスの提供に関して知り得た契約者の通信に関する秘密を守るものとします。
2.弊社は、本サービスの提供により知り得た契約者の情報を以下の目的でのみ利用し、その他の用途には使用いたしません。
(1)本サービスのご利用に必要な手続のため
(2)契約者にサービスを提供する上で必要な確認や案内のため
(3)契約者のお役に立つであろう弊社等からの告知のため
(4)その他、なんらかの理由で弊社等が契約者と接触する必要が生じた時のため
3.弊社は、本サービスの提供により知り得た契約者の情報を第三者に開示、漏洩しないものとします。ただし、法令、行政当局または裁判所により開示することが義務付けられた場合はこの限りではないものとします。

第21条 ソフトウェア
1.弊社は、本サービスを利用する目的に限り、契約者に対して専用ソフトウェアを使用することを非独占的に許諾するものとします。契約者が専用ソフトウェアを使用できる期間は、利用契約の有効期間とします。契約者は、理由の如何を問わず、本サービスを利用する目的以外で専用ソフトウェアを使用することはできません。
2.契約者は、弊社の事前の承諾を得なければ、いかなる方法によっても専用ソフトウェアを複製(専用サーバからのインストールを除く)又はリバースエンジニアリングをすることはできません。
3.契約者は、弊社の書面による事前の承諾がない限り、専用ソフトウェアの使用を第三者に許諾若しくは第三者への譲渡、又は専用ソフトウェア若しくはその複製物を第三者に譲渡、転貸若しくは占有の移転をしてはならないものとします。
4.専用ソフトウェアに係る著作権その他の知的財産権は、全て弊社または権利者に帰属します。
5.弊社は、専用ソフトウェアの瑕疵を含む一切の不具合について修補する義務を負いません。専用ソフトウェアの使用に関連して又は専用ソフトウェアが使用できなかったことに関連して契約者若しくは第三者に損害が発生したとしても、弊社は一切の賠償責任を負いません。
6.利用契約が終了した場合は、契約者は直ちに専用ソフトウェア(複製物を含む)を破棄しなければならないものとします。

第22条 免責事項
1.弊社は、本サービス(専用ソフトウェアを含みます、以下同じ)の仕様、品質、性能等を含むその内容について、その完全性、正確性、確実性、有用性、セキュリティ等のいかなる保証も行いません。
2.契約者が送信したデータファイルにより本サービスにかかる弊社のシステム、設備等に損害を被った場合には、その送信を行った契約者に対して損害賠償請求をすることがあります。
3.弊社は、理由の如何にもかかわらず、本サービスにかかるシステム、設備等の故障により契約者が送信したデータファイルが消失したため発生した損害について、弊社は一切の責任を負わないものとします。
4.契約者が本サービスを通じて専用サーバに登録した一切のデータファイル、情報等を利用契約の終了後、直ちに消去・削除するものとし、契約者は予めこれに同意するものとします。弊社がデータファイル等を消去・削除したことにより契約者又は第三者に発生する損害について、弊社は何ら責任を負わないものとします。
5.契約者が本サービスの利用に関して被った損害については、弊社は一切その賠償責任を負わないものとします。
6.前項の場合のほか、弊社の設備の維持・管理の必要上など、弊社が消去又は削除する必要があると弊社が判断する場合、専用サーバに登録した一切のデータファイル、情報等を消去・削除するものとし、契約者はこれにあらかじめ同意するものとします。弊社がデータファイル等を消去・削除したことにより契約者又は第三者に発生する損害について、弊社は何ら責任を負わないものとします。
7.次の各号のいずれかの事由により契約者の本サービスの利用が制限され、または利用不可能になったとき弊社は一切その責任を負わないものとします。
(1)本サービスにかかるシステム、設備等の保守又は工事上やむを得ないとき
(2)発信地及び着信地周辺の停電や電話回線事情などの利用により通信困難な場合
(3)通信が著しく輻輳し通信の全部を接続することができなくなったとき
(4)天災、事変、その他の不可抗力、その他非常事態の発生あるいは発生のおそれがあるために通信もしくは電力供給の確保が著しく困難になったとき
(5)その他、弊社の責に帰し得ない事由により本サービスの一部あるいは全部を提供できなかったとき

第23条 本サービスの利用制限
1.弊社は、電気通信事業法第8条により、公共の利益のため、非常時における緊急を要する重要通信を内容とする通信を優先的に取り扱うため、本サービスの利用を制限または停止することがあります。また、当該制限または停止したことによって契約者または第三者に損害が発生した場合においても、弊社は何らの責任を負わないものとします。

第24条 準拠法
1.本規約の成立、効力、履行及び解釈については、日本法が適用されるものとします。

第25条 合意管轄
1.契約者と弊社間の間で訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

@Tovasお試し版 利用規約(PDF形式:196KB)

お客様の個人情報のお取り扱いについて

以下の規約を良く読み、同意された方のみ次へお進みください。
(応募者が16歳未満の場合は、保護者の方が同意のうえご記入ください)

ご記入いただきますお客様の個人情報は、当社の基本姿勢とその取扱い基準を明確化した個人情報保護規定 (JIS Q 15001:2006 準拠)」 に基づき管理させていただきます。
以下の項目をご理解いただき、同意の上、ご記入をお願い申し上げます。

1.個人情報使用目的
お客様から提供いただいた個人情報は、お問合せへの対応、当社のサービスに関するご案内、セミナー及び展示会に関するご案内に利用いたします。それ以外の目的に使用することはありません。

2.個人情報委託について
上記1の目的の達成の為、当社が選定し秘密保持契約を締結した協力会社に、お客様の個人情報を委託することがあります。

3.お客様の個人情報をお客様の了解なく外部へ提供することはありません。

4.当社に対して個人情報を提供されることは任意です。しかしながら、ご記入いただけなかった項目の内容次第では、お問合せにお答えできない場合がございます。

5.当社にご提供いただいた個人情報に関して、開示対象の個人情報の開示のご請求や、開示の結果、誤りがあった場合の訂正、追加、削除、利用又は提供の拒否につきましては、下記の連絡先までお知らせ下さい。
なおその際には、コクヨ @Tovas(あっととばす) お問合せフォームの件についてとお申し出下さい。

コクヨお客様相談室 電話:0120-201594

※コクヨ株式会社では、お客様のお問合せはコクヨグループのお客様相談室にて一括してお受けさせていただいております。

6.当社は、ユーザー登録以外の方法で、個人情報を取得することはございません。

当社の個人情報保護担当
コクヨ株式会社 個人情報保護管理者
東京都港区港南1丁目2番70号 品川シーズンテラス18F

@Tovasに関するお問い合わせ

受付時間:平日10:00~17:00

ページトップへ戻る