伝票@Tovas × D3Workder Salesforce等からの帳票作成、自動配信ツール

「Salesforce」等クラウドの業務システムからデータを直接取り込み
PDF帳票の生成と配信を自動化

「伝票@Tovas」×「D3Worker」とは?

「伝票@Tovas」は、CSVデータをアップロードするだけで、あらかじめ設定された書式のPDF帳票を生成し、FAXや電子ファイル、郵送による取引先への送付までをワンストップで行うサービスです。企業の業務システムが「Salesforce」をはじめとするクラウドサービスへ移行する中で、これらのクラウドサービス上のデータを「伝票@Tovas」に直接取り込むことを可能にするのが、「D3Worker」との連携オプションです。

「D3Worker」は日本オプロ株式会社が提供するクラウドサービス「OPROARTS Prime」のクラウド連携機能で、複数のプラットフォーム上のデータを取得し、仕分けや変換などの処理を行い、各種クラウドサービスへの受け渡しを行います。これにより、業務システムの改修や手作業でのデータ整形作業が不要になり、取引先向け帳票の自動発行が可能になります。

「伝票@Tovas」および「D3Worker」の機能はすべてクラウドサービスとして提供されるため、サーバ等の機器類は一切必要ありません。「帳票ツールは導入したいが、初期費用は抑えたい」「システム運用の負担を軽減したい」「帳票の発行数が毎月数百通~数千通」という企業にオススメのサービスとなっています。

こんな困りごとを解決します

データ仕分け、受け渡しなどのデータハンドリングを簡単に自動化!

Salesforce等、クラウド上の業務システムからデータを取り出し、仕分けや整形を行うデータハンドリングを簡単に自動化します。これにより、Salesforce等から人手を介することなく、「伝票@Tovas」にデータを直接取り込むことが可能になります。

すべてクラウド上で完結し、初期費用と運用負担を軽減!

「伝票@Tovas」および「D3Worker」の機能はすべてクラウドサービスとして提供されるため、サーバなどの機器類は一切必要ありません。「システム化はしたいが、初期費用は抑えたい」「システム運用にかかる人的負担を軽減したい」という方にオススメです。

自社内業務の効率化と、取引先ニーズを両立!

「伝票@Tovas」なら、ひとつのサービスでFAX送信、ファイル送信、郵送と複数の送信手段を利用可能。自社内の業務は効率化しつつ、「注文書はFAXで欲しい」「見積書はPDFで欲しい」といった取引先の様々なニーズにも柔軟に対応することができます。

「OPROARTS Prime」(日本オプロ社)について

「OPROARTS Prime」は、Salesforceをはじめとした様々なクラウドサービスと連携できるクラウド帳票サービスです。帳票作成だけにとどまらず、データ仕分け、配信、保管、データ受け渡しなどのデータハンドリングを可能にする「ビジネスコミュニケーションプラットフォーム」として機能を拡げています。

▶ 日本オプロ株式会社 「OPROARTS Prime D3Worker」詳細ページ

提供価格(税抜)

【初期費用】25万円  【月額基本利用料】3万円/月(※帳票PDF生成1,000ページ分を含む)
【従量料金】PDF生成:10円/ページ FAX送信:25円/ページ ファイル送信:500円/50送信

※上記価格に帳票設計費、システム開発費は含みません。

関連ページ

@Tovasに関するお問い合わせ

受付時間:平日10:00~17:00

ページトップへ戻る