クライアントAPI(e-SYOHSI Adaptor for @Tovas)

ノンプログラミングで配信基盤構築

クライアントAPI「e-SYOHSI Adaptor for @Tovas」は、システム連携を目的としたコベルコシステム社のミドルウェアです。「e-SYOHSI CommandExecutor」など、シリーズ製品を組み合わせることでノンプログラミングでの配信基盤構築が可能です。

▶ コベルコシステム株式会社

クライアントAPIでできること システム概要 その他利用シーン

クライアントAPIでできること

帳票データを直接FAX/ファイル送信

上位システムから出力される帳票データを、システムから直接@TovasのFAX/ファイル送信機能によって送付することが可能になります。手作業によって発生する業務負荷、誤送信のリスクを軽減します。

パッケージ+クラウドで翌日から利用可能

ミドルウェアとしてパッケージ化された連携モジュールなので、プログラミングによる開発は不要です。設定のみですぐ利用でき、短期間でのシステム構築をサポートします。

既存のアウトプット活用で自動連携をスムーズに構築

PDFの帳票イメージの他、XLS、CSV、テキスト等、すべてのファイル形式の送信に対応。業務システムから出力される既存のアウトプットをそのまま活用できます。

システム概要

e-SYOHSI Command Executor

フォルダ監視型の駆動ソフトウェア。異なるシステムからのアウトプットを集約し、後処理へ流すことが可能。

e-SYOHSI Adaptor for @Tovas/Send

@Tovasへの接続を行うソフトウェア。実行ファイル (exe)形式で呼び出し、Command Executorと連携 (他システムでも可)することで自動化を実現。

e-SYOHSI Adaptor for @Tovas/Get

クラウドサービスの領域にあるファイルをポーリングし、自動ダウンロードを行う。 Command Executorとの連携で、上位システムへの受け渡しも実現。

その他の利用シーン

データの自動受信と基幹システムへの取り込み

取引先からの受注データなどの回収・後続システムへの 受け渡しを自動化することができます。簡易EDI環境を、 インターネット回線のみで実現可能です。

特長

  • 相手先環境に依存しない
  • インターネット 回線のみで利用可能(専用線、サーバ 不要)
  • 相手先の増減に柔軟に対応
帳票イメージと2次加工用データの同時送信

PDFの帳票イメージに、加工用のCSVデータをつけて送信するなど、相手先ごとに複数のデータを組み合わせて送ることができます。加工用のデータをあわせて送ることで、相手先の入力業務の負荷を軽減し、業務全体のスピードアップを実現します

特長

  • 郵送からの切り替えで、コスト削減とスピードアップ を実現
  • FAXとファイルを同時に送り分けることも可能

@Tovasに関するお問い合わせ

受付時間:平日10:00~17:00

ページトップへ戻る